えんでん日記

 

今年初の本格的な波の花です。

資料館に来館されたお客様は、目の前を舞う波の花が舞う様子をご覧になり歓声を上げておられました。

気温が低いこと、北風が強いことなど条件が重なって初めて見られる能登の冬の風物詩です。空中を舞う様が花の様に見えると俳句に詠まれ有名になりました。

塩づくりの時期に見られることは少ないですが、今年の天候は例年とは違いがみられる様です。

DCIM0217 DCIM0214

塩づくりの海水を汲み上げる海岸は漁場としても豊かです。

サザエやアワビも採れますが、この時期はタコが捕れます。タコカゴやタコすかしと言われる漁法で捕ります。

タコすかしは、竿の先に端切れを付けておびき寄せて鉤針で引っ掛けて捕る能登地方独特の漁法です。

地元の秀美さんはタコ捕りの名人! 観光客の皆さんの目の前でタコを引揚げると  ヤンヤの喝采を浴びます。

今日も豊漁でした。

IMG_6342 IMG_6344 IMG_6336

 

 

 

 

塩田村のある珠洲市仁江海岸の夕陽は、「日本の夕陽百選」に認定されています。

今年の揚げ浜の塩づくりは、夏の天候不順で、浜士も経験が無いというくらいの凶作となっています。

久しぶりの夕陽に、残りわずかな製塩期間が晴天であることを祈りました。

 

DCIM0182DCIM0191

塩田村で酔芙蓉が満開です!

お客様によれば、酔芙蓉は、朝のうちは純白、午後には淡い紅色、夕方から夜にかけては紅色になるとのこと。

酒を飲むと顔色がだんだんと赤みを帯びるのに似ていることからこの名がついたといわれているそうです。

DCIM0207 DCIM0206

 

今年の塩づくりは、浜士も30年間経験がないという凶作の年になっています。

8月に塩づくりが出来たのは5日ほどでした。

ゲリラ的に降る雨は予測がつかず、浜士を悩ませています。

夕陽に照らされた雲や沖に降る雨も余り見たことの無い光景です。

只々天候の回復を願う毎日です。

8-198-19image_1

 

塩田村から見える水平線に浮かぶ七ツ島。(輪島沖約20km)

夏前から見られる浮島現象。海水温と気温の差が大きい時に見られる様です。

ちっちゃい蜃気楼のようなものですね。

浜士は、七ツ島の見え方と風で明日の天候を予測します。

今年の浮島、例年以上に多く見られます。雨の多い天候とも関係があるのでしょうか。

 image_3image_2

塩田村のハマナスが見頃です!

駐車場横のハマナスがきれいなピンクの花を付けています。

赤くなった実を、植えてみられるとおしゃって、お持ちになられるお客様もおいでます。

 image_4 6-9image_5

 

道の駅すず塩田村に売店が増設され4月20日にオープンしました。

泉谷珠洲市長始め多くの方に参列して頂きセレモニーが行われました。

「塩蔵市場」の除幕式の後、地元馬緤地区のキリコ太鼓が披露されました。

産直の地物の野菜や海産物のコーナーにもたくさん出品して頂きました。

新鮮さと安さはピカイチです!お越しをお待ち致しております。

写真 1 写真 2

今年も塩づくりが始まりました。

4月14日に、塩づくりの作業の安全と豊作を祈願する「塩浜祝い」の神事が行われました。北嶋荒御前神社の亀山国彦宮司が釜屋と塩田でお払いをし、玉串を奉るなどしました。

http://tabi.chunichi.co.jp/odekake/140415ishikawa_salt.html

IMG_4644 IMG_4649

昨年は、例年の75%の生産量だったので、今年は豊作を願っています。

PAGETOP