えんでん日記

今年一番の寒波の襲来です。

低く垂れ込めた鉛色の雲。北陸の冬の始まります。

能登の冬の風物詩、今シーズン一番の波の花が見られました。塩田村の釜屋の上も雪のように乱舞しています。近くの名勝垂水の滝の駐車場では、膝まで埋まるほど積もっていました。

IMG_6437 IMG_6441

DCIM0276 (1)

塩田村近くの早朝の海岸。

冷え込んだ朝に見られる現象。外気温と海水面の温度差があるときに見られるとのこと。

久しぶりに陽顔が見られるようです。

DCIM0267 DCIM0266

 

嵐の朝に見えた虹。

雪だしともブリ越しとも言われる強い季節風と共に響く雷鳴、長い冬が始まります。

鉛色の空に見えた虹が希望の虹でありますように!

DCIM0252

塩田村の海岸にいつも羽休めをする鵜がいます。

気温も下がり少し寒そうに見えます。

IMG_6431[1] IMG_6383[1]

 

 

10月31日に浜じまいをして、今年の浜での塩づくりは終了しました。

冬に備えて、砂を撒く下の粘土層を守る為にシートを敷いて保護します。浜士の冬の仕事は、夏場に採ったカン水(濃い海水)を煮詰めてお塩を焚くことと、薪を作ることです。

今年の揚げ浜の塩づくりは、浜士も経験が無いという凶作でした。来年の天候に恵まれることを祈っています。

DCIM0236 DCIM0235

塩田村の玄関に珍入者!

頭が二つ??

DCIM0225 DCIM0226

今日はお客様の肩に止まって珍客が来館です。

塩田村のロビーから見える海岸線は絶景と好評ですが、その窓際で羽休めです。

IMG_6364 IMG_6373

 

 

 

 

台風一過の能登は、秋晴れとなりました。

塩田村の横の磯では、石川県内(小松市)のアングラーがシーバス(スズキ)を求めてルアーを振っていました。以前では温かい地域でしか見られなかった「ヒラスズキ」も上がるようです。地球温暖化の影響が釣果にも影響しているようです。

IMG_6358  IMG_6356

 

 

今年初の本格的な波の花です。

資料館に来館されたお客様は、目の前を舞う波の花が舞う様子をご覧になり歓声を上げておられました。

気温が低いこと、北風が強いことなど条件が重なって初めて見られる能登の冬の風物詩です。空中を舞う様が花の様に見えると俳句に詠まれ有名になりました。

塩づくりの時期に見られることは少ないですが、今年の天候は例年とは違いがみられる様です。

DCIM0217 DCIM0214

塩づくりの海水を汲み上げる海岸は漁場としても豊かです。

サザエやアワビも採れますが、この時期はタコが捕れます。タコカゴやタコすかしと言われる漁法で捕ります。

タコすかしは、竿の先に端切れを付けておびき寄せて鉤針で引っ掛けて捕る能登地方独特の漁法です。

地元の秀美さんはタコ捕りの名人! 観光客の皆さんの目の前でタコを引揚げると  ヤンヤの喝采を浴びます。

今日も豊漁でした。

IMG_6342 IMG_6344 IMG_6336

 

 

 

 

PAGETOP